プライベートティーチャー

心構え

家庭教師の選び方

家庭教師を雇う前の心構え

家庭教師を雇う前に、心構えとして持っていてほしい事は、「家庭教師は費用がかかる」っということを、まず認識しなければなりません。家庭教師はコストパフォーマンスが相当に悪いというのはもはや定説になってきています。
単純に考えれば、塾では通常20人なり30人なりで月謝としてお金を払って一人の講師で受講するところ、 1人で負担しなければならなくなるので、当然費用はかかります。プロの家庭教師を雇うとなると、それこそ法外ともいえる報酬を要求してくるでしょう。プロということは、それを本職としていますので、当然アルバイトのような報酬では引き受けてはくれません。また小学校受験の用に幼児に対する家庭教師の場合今後の勉強嫌いにも関わってきますのでしっかりと選びましょう


比較的低コストな家庭教師を家庭教師派遣会社のようなところに頼むと、ほとんどが大学生のアルバイトが派遣されてくるでしょう。大学生の間では、家庭教師は「おいしい」バイトであるというのが、昔から言われています。つまりお金を払う側から見ると費用対効果が出にくいサービスといえます。
塾のような講義形態をとる授業の場合は、塾により事前にカリキュラムが決められています。すると当然教える側にも明確な「今日はここまでカリキュラムを進めないといけない」という意識があるため、ある程度の事前調査や計画性が要求されます。また、多くの生徒の目に触れることから緊張感も生まれてきます。

 

これに対し、家庭教師では明確なノルマが課せられることが少なく、その個人に合わせたペースでやります。また原則として密室で1対1での授業となることから多少手を抜いても、学生は気付きにくいので、そのような問題点も出てきます。
もちろん、中には大変真面目にやってくれる学生バイトの家庭教師もいるのですが、それを派遣前に客観的に知る方法はなかなかありません。
結局、家庭教師で学習成果を出すためには
* 相当の高額報酬で実績のあるプロを雇う。
* 玉石混交の学生バイトの中から「当たり」を引く。

のどちらかになります。前者は費用がかかりますし、後者は時間と手間がかかります。
親戚の子がいい大学に入ったからその子に家庭教師を頼むという話もまれに耳にしますが、親戚という間柄なので、逆に二人して勉強を怠ける危険性もありますので、避けたほうが無難です。むしろ派遣センターのようなものを利用すると「はずれ」のときに事務的に断ることができるので精神的に楽かもしれません。
いずれにせよ、雇う側として大切なのは家庭教師の弱点である「計画性(カリキュラム)」「緊張感(ノルマ)」を補えるよう講師と話し合いながら進めるのがよいでしょう。



check

保健科学東日本は厳格な検査を行います

レストランウエディングでしたら名古屋のレストラン デュボネ

Last update:2017/8/4

-ページトップ-