プライベートティーチャー

家庭教師の選び方

家庭教師の選び方

家庭教師を選ぶ

まずは目的を明確に

1対1の指導スタイルをとる個別指導塾の躍進など、家庭教師と塾の差は縮まりつづあるといえるでしょう。以前から家庭教師が行ってきた指導スタイルの効果やメリットを、塾などが改めて評価された結果でしょう。
受験のために「家庭教師」という選択肢を選ぶ時に、まずは「家庭教師」という選択が本当にベストなのかを見極める必要があります。最近では、塾は集団指導に多くの力を入れてきていましたが、個別指導にも力を入れるようになっていますので、そちらとの比較検討もしておきたいものです。
次に、「どのような目的・目標があって家庭教師を頼むのか」ということを明確にしましょう。その目標についても、お子さんの成績や性格を親が冷静に判断して、「実現できること」から設定するようにしましょう。ただ漠然と「家庭教師が来るのだから成績が上がるだろう」というような安易な考え方で依頼しても、成果は表れにくいのです。
子供にとっての必要性(学習の進み具合や性格など)や、家庭の事情からも”家庭教師に期待するもの”はそれぞれ異なってきます。それによって、必要になる家庭教師のタイプも変わってきます。

家庭教師のニーズとタイプは多様

家庭教師には、大きく分けると、プロ家庭教師と学生のアルバイト家庭教師という2つに区別されますが、こと受験に関しては、”合格への即効性”を求めるのであれば、当然プロ家庭教師ということになるでしょう。実際、受験学年の秋からプロ家庭教師に指導を受けるだけでも間に合うという場合も多数あります。また、受験を主目的にしなくても、子供にとっての ”いいお兄さん・お姉さん”になってくれる家庭教師(特にアルバイト教師の場合)を求める家庭も想像以上に多いのが実情です。
教師の探し方についてですが、昔ながらの銀行・郵便局などの張り紙や掲示板のほか、家庭教師センターによる紹介、インターネット・口コミなどの情報を元に自力で見つける、などの方法があります。

注目サイト

最終更新日:2017/7/21

-ページトップ-